仕事に楽しみを(働く環境改善)

時代が変わると様々なモノが変化していきます。はたらき方もその一つ。
エンジニア・クリエイターの活躍によりテクノロジーのさらなる躍進を遂げます。
生活を豊かにしてくれているという大きな貢献をしている裏には
想像を絶する苦労・困難があることをご存知でしょうか。

長時間労働・パワーハラスメント・低賃金・健康状態・帰属意識の低下・利益管理・納品問題・仕事量の不安定
国内の多くの企業が下請けというポジションでの契約の為、様々なストレスを抱えながら
そしてセカンドキャリアに不安を持ちながら日々任務についています。

待遇改善 技術力に応じた報酬へ

エンジニア・クリエイターは本来技術力で評価されるべきと考えます。
「若いから」「経験がないから」ではなく、製品を作れるか。作りきれるか。
技術を評価をするのはクライアントが提示。
テクニカルスキル、マネージメントスキル、パーソナリティー。
さまざま能力に対してプラス評価。

「常に努力し能力を磨いた人が適正な報酬を受け取る」 をベースコンセプトとして

人・才能を育てる

「失敗から成長する」
現象を見極め、原因を捉え、改善。
勉強、スポーツと同じ。
仕事にもトレーニングが必要。

育成には多くの時間が必要。
ゆっくり前進。その先には大きな成長が待っています。

個々の能力を高めるための努力が大切です。
成長できるかどうかは自分次第。

モノを作り出すことプロフェッショナルとしての知識とスキルそしてテクニック。
それを持ち合わせる開発者が多く在籍しています。

そしてそれを継承する次世代の開発者。

教える側と教わる側。両者の間に発生するギャップ。

より良い育成環境を追求し、ひとりでも多くの人が、モノづくりに楽しんで携わる環境の実現を第一に考えます。